人によって差がある

医者

治療契約は焦らずに

うつ病を発症しやすい人には、共通した性格というものがあります。たとえば、仕事や勉強を一生懸命やり、自分はこうであらねばならないという観念が強い性格です。集中するあまり、自分自身を省みることを忘れてしまう傾向にあります。こうした性格の人は、何もかもがうまくいっている時はいいのですが、一度落ち込むと、どんどん深みにはまり、立ち直れないのが特徴です。落ち込んでいるときは、前向きな考えが浮かんでこないので、マイナス思考一辺倒になりがちです。そのため、抑うつ症状が長引きやすく、発症につながります。また、絶えず、自分の理想を追い求め、自分を否定的に見てしまう性格の人も注意が必要です。仕事の上でも、学校でも、自分に自信がないので、ちょっとしたことも気になります。ただし、ダメ人間と考えての自信のなさではなく、自分に対する理想が高いために起こる自信のなさです。自分の言動に対して恥ずかしいなど後悔ばかりしてしまいます。それにより、次第に心が疲弊し、うつ病になるタイプです。病気まで発展するかしないかというのは、傷ついた心の深さと、これまでの人生において形成された心の耐性度合いにかかってきます。愛情と情操が充分に満ち足りていれば、発症しにくいことがわかっており、予防のためには子どものころからの良い環境が必要です。実際にうつ病と診断された場合には、状況に応じて休養をすすめられ、薬物治療や入院治療など、治療方針の説明が行われます。家族による治療のサポートの有無なども確認がおこなわれることがほとんどです。このような内容が医師から告げられたとき、それを受けるかどうかを治療契約といいます。医師からの提案が具体的で、本人も理解が十分できている上、主体的に決められる状態であれば、治療はスムーズです。仮に決めかねるようなら、セカンドオピニオンも有効です。このスタート時点での取り決めが曖昧だと、後々いろいろな問題が起きてしまいます。そのため、十分に納得、同意を得ようとインフォームドコンセントをおこないますが、これが難しいという現実があります。難しい理由は医師と患者の双方にあり、本人はうつ病によって取り決めできる精神状態でないことが多いからです。そのため、一回の受診だけで合意に達しないこともよくあります。子どもの場合、同伴者の大人の意向が強く反映されますが、あくまでも本人との契約であることが大切です。一方で、医師も初診の60分だけでは、判断や提案ができないこともあります。そのため、おおよそ3回ほど面接したところで、医師から具体的な説明と提案がなされますので、焦らずにこの時点で治療を継続していくかを決定することが大事です。

カウンセリング

生活の乱れに注意をして

刺激を避けたいなど、生活の乱れが現れた場合は、うつ病の疑いを穿つのが大切です。ネットでは、うつ病チェックが出来るサイトもあります。心の病は、内科のみでは治らない場合もあり、心療内科に足を運びましょう。

詳しく見る

女性

治療費の目安

うつ病に必要な治療期間は個人差が大きく一概には言えないものの、治療の開始が早ければ1ヶ月ほどで効果が現れることが多いです。ただ継続的な通院は必要なので、毎月3,000円はかかると考えるといいでしょう。

詳しく見る

聴診器

正確な診断を

うつ病の正確な診断を求めるのなら、大学病院が適しており、そこから派生した医師を追っていくというのも一つの方法です。実際の治療では、義務となるような行動を避けながらリラックスできる環境で療養していくことが大切です。

詳しく見る

看護師

早ければ早いほどいい

うつ病は誰でもかかる病気と言えます。周囲にも最近浮かない顔をしていたり、ミスが増えるなどの変化がある人がいたら、うつのサインかもしれません。うつは自分よりも他者のほうがサインに気付きやすく、気付くのが早ければ早いほど快方へ向かいやすいです。

詳しく見る

人気記事

カウンセリング

生活の乱れに注意をして

刺激を避けたいなど、生活の乱れが現れた場合は、うつ病の疑いを穿つのが大切です。ネットでは、うつ病チェックが出来るサイトもあります。心の病は、内科のみでは治らない場合もあり、心療内科に足を運びましょう。

詳しく見る

女性

治療費の目安

うつ病に必要な治療期間は個人差が大きく一概には言えないものの、治療の開始が早ければ1ヶ月ほどで効果が現れることが多いです。ただ継続的な通院は必要なので、毎月3,000円はかかると考えるといいでしょう。

詳しく見る

聴診器

正確な診断を

うつ病の正確な診断を求めるのなら、大学病院が適しており、そこから派生した医師を追っていくというのも一つの方法です。実際の治療では、義務となるような行動を避けながらリラックスできる環境で療養していくことが大切です。

詳しく見る

看護師

早ければ早いほどいい

うつ病は誰でもかかる病気と言えます。周囲にも最近浮かない顔をしていたり、ミスが増えるなどの変化がある人がいたら、うつのサインかもしれません。うつは自分よりも他者のほうがサインに気付きやすく、気付くのが早ければ早いほど快方へ向かいやすいです。

詳しく見る